« フライト・ゲーム | メイン | コンドロイチン »

ロス・ポルダーク

イギリスの18世紀を描いたドラマなのですけどね、これがなかなか面白いのです。

英国のロス・ポルダーク大尉(エイドリアン・ターナー。恰好いい!!)が、
アメリカ独立戦争で戦い、負傷して帰郷。

故郷で父親は他界していて、土地は荒れ放題、鉱山は廃坑になって、
立て直しにも間々ならない様子でした。

恋人エリザベスは従兄弟フランシスと婚約している始末。
しかし、失意の中から、自分自身の財産・生活を立て直そうと奮闘していきます。

必死に立ち上がろうとしていた時、使用人として雇ったディメルザ。

最初は、垢抜けなくて男の子みたいだった彼女は、
ポルダークに惹かれ、彼と同等になりたいと、素晴らしい女性に成長していきます。

彼も彼女を"生涯の伴侶”として意識していくことになり、
なんと結婚することになります!
すごーーい!

エリノア・トムリソンのエネルギーに満ちて、生き生きとしていて、美しいこと! 
夫婦の心から愛し合っている関係に、いつも感動を覚えます、
とはいっても、このあといろいろあるのですけどね。

いろいろあるからこそのドラマなのですな。
あの時代の人達って、皆格好イイネ!
生き方がね。
現代のわれわれ、見習わなくてはーー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dedebarry.com/mt3/mt-tb.cgi/56

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年01月01日 01:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「フライト・ゲーム」です。

次の投稿は「コンドロイチン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38